税理士法人 小野岩井事務所

丸投げ経理

従来の記帳代行より、一歩踏み込んだサービスになります。
言葉の通り、手間のかかる経理業務を弊所へ丸投げしてください。
従来の記帳代行では、委託不可能だった債権債務の消込業務を委託することにより
業務の負担が軽減できるだけでなくリアルタイムに経営状況を把握でき、滞留債権も管理できるので資産状況の把握も容易に出来ます。

従来の記帳代行

仕訳の入力
試算表の作成

丸投げ経理

売掛金管理
支払い業務管理
振込みデータ作成
勤怠管理

従来の記帳代行

1

レシート

Receipt

領収書、レシート、通帳のコピーをお送りします。

2

Input

届いた領収書を基に仕訳を入力します。
(会計事務所)

3

Create

試算表を作成します。
(会計事務所)

4

Mail

試算表を送付します。
(会計事務所)

※修正、追加などあればその都度1~4を繰り返します。

メリット

特別な知識や機材を必要としません

デメリット

売掛金・買掛金,資金繰り等別途自社での管理が必要となります。
証票の原本を会計事務所に送付してしまうと確認事項の付け合せに時間がかかります。
証憑の送付や仕訳の入力作業でタイムリーな資産管理が出来ません。
記帳代行料が発生するので別途費用がかかります。
軽減税率で消費税の計算に時間がかかるため別途費用がかかる場合があります。

丸投げ経理

1

Scanner

書類をスキャナーで送る

3

Internet

入力データ・試算表は、入力次第すぐに反映されるので、インターネット上でリアルタイムに確認できます。

2

Accounting

送られてきた証憑を見ながら、会計処理をします。
(会計事務所)

メリット

経営者は本業に専念できます。
特別な知識や機材を必要としません。
売掛・買掛金等の債権管理がリアルタイムに確認できます。
軽減税率への対応が可能で、消費税の計算が間違いなく行えます。
自計化経理と同様なタイムリーな経営状態や資金繰りが行えます。

デメリット

自計化経理より費用がかかります。
eco会計対応のOSのパソコンが必要となります。証憑を送るためのスキャナーが必要になります。

 

丸投げ経理を活用すると

請求書・領収書を毎月スキャナーでeco会計に送信する

銀行の入出金明細をeco会計に送信する

買掛金・給与等の振込みをする ※

月次の試算表を確認して経営状況を管理する

※ インターネットバンキングご利用で、データ作成の権限をいただける場合に限ります。

丸投げ経理はすべての業種に対応していますが、軽減税率の導入でより精度の高い経理業務が要求される飲食店や債権債務のタイムリーな管理が必要な士業向けに特化したサービスも別途ご提供しております。