税理士法人 小野岩井事務所

自計化経理

自計化経理は自社で行うことにより、現在の経営状態や業績をタイムリーに把握できるメリットがある一方、経理担当者の負担が増え、ある程度の知識が必要になります。弊所ではAI機能を搭載したeco会計を使用してもらうことにより経理担当者の負担が軽減できるだけでなく従来の自計化経理のデメリットを補う進化した自計化経理をオススメしています。

軽減税率が導入され、従来の会計ソフトではより深い経理知識と細かな作業が必要となります。eco会計では自動仕訳機能で正確かつ迅速な作業をサポートいたします。

1

レシート

Input

自社で仕訳の入力をします。

2

Check

会計事務所にて
仕訳のチェックをします。
(会計事務所)

3

Create

試算表を作成します。
(会計事務所)

4

Mail

試算表を送付します。
(会計事務所)

※修正、追加などあればその都度1~2を繰り返します。

メリット

会計の充実した機能で日々の負担を軽減

複数の税率を正確に処理します。画像解析や明細データを取り込むことで仕訳入力作業を補助し、入力作業を簡潔にします。人工知能(AI)の機能を取り入れた推論エンジンを搭載しているので、自動で債権債務の消し込みを行います。

決算時に税理士事務所のデータのやり取りが不要

クラウド型の会計ツールなので、リアルタイムに仕訳データ、証憑の確認が出来ます。データが共有化できるので、仕訳データの修正や不明点の確認作業が容易に出来ます。従来行われていた証憑の郵送、データの送付等の手間がかかりません。

経理コストの削除

丸投げ経理より自計化経理のほうがコストが抑えられます。

デメリット

eco会計対応OSを搭載したパソコン及びインターネット環境が必要となります。